脳動脈瘤手術体験記

脳動脈瘤手術の体験記。脳動脈瘤手術の名医、手術費用、保険の適用など詳細を記録。

◆未破裂脳動脈瘤の再発から名医の情報探し

 脳動脈瘤手術の手術結果ですが、結論から申し上げますと「開頭クリッピング術」による手術は無事に成功しました。

 母は髪の毛がなくなり頭部に大きな傷跡が残りましたがこれで、直ぐにくも膜下出血が発生する不安はなくなりました。

 しかし、手術から3年後、なんと術後の定期検査にて未破裂脳動脈瘤が新たに2つ発見されたのです。

 尚、サイズは2つとも5ミリ程度。

 頭部の両脇に未破裂脳動脈瘤が発生するという、仮に手術を行うにしても少し難しい状況になっていました。

 実は開頭クリッピング術の後、母が時々頭痛を訴えるようになりました。

 母は手術の影響であると度々口にしておりましたが、実際の原因は正直解りません。

 しかし本人が不安がっている状況でもある為、今回もし手術を検討する場合は「コイル塞栓術(脳動脈瘤塞栓術)」を検討しようと妻と話しました。

 そこでまずは徹底的に情報探し。まずはインターネットであらゆる情報を検索しはじめました。

 そして、脳動脈瘤の手術では医師の技量も大きく影響するという事が解ってきました。

 こうして脳動脈瘤の手術の中でも特にコイル塞栓術の手術で有名な名医情報を探す事になったのです。

【参照記事】
前の記事⇒血管造影剤の不安について
次の記事⇒脳動脈瘤塞栓術の名医について