脳動脈瘤手術体験記

脳動脈瘤手術の体験記。脳動脈瘤手術の名医、手術費用、保険の適用など詳細を記録。

◆脳動脈瘤手術の費用について

 脳動脈瘤の手術をもし検討されている方は、その手術費用がやはり気になる部分だと思います。
 母が行った開頭クリッピング手術では、総額で60万円弱の費用がかかりました。
 実際の計算では脳動脈瘤の手術では「コイル塞栓術」「開頭クリッピング術」ともに
●約250万円〜300万円程度
 の手術費用がかかり、その3割が自己負担になるとの事です。
 幅が広いのは、症状の度合い、手術の程度により入院の日数が異なる為です。
 こうして見ると母の手術費用もぴったりはまります。
 尚、手術費用は保険に入っていれば全額保険の対象となります。
 入院保険などはこうした時にやはり必要性を感じます。
 尚、余談ですがもし近くに手術が行える病院がある場合は、近い病院から検討する事をお勧めします。
 やはり脳の手術ですから、手術後何がおこるかわからないので、頻繁に通える重要性は大きく感じました。

◆追記・手術から1年が経過して

 手術を終え1年が経過したので近況をご報告しておきます。
 2回目の手術を終えて以降は今のところ脳動脈瘤の再発は確認されておりません。
 定期的に病院に通っている為、毎回不安はありますがようやくまた安心できる状態に入ってきました。
 しかし再発の前例があるので油断はできません。
 尚、手術は成功してはいるのですが、手術により切開した部位については未だに時々痛みを訴えます。
 病院ではその都度検査を行い問題はないと言われますが、定期的に傷口が痛むようです。
 本人の体感が一番正確ですが、この痛みの原因が脳動脈瘤の手術によるものかどうかは正直わからない状態です。
 これから手術を検討されている方には不安を募るような事を書いて申し訳ありませんが、このようなケースもあるのだと把握しておくことも大切だと思いあえて記載しました。
 尚、頭部の痛み以外には全く問題は出ていません。
 ですから手術自体はやはり成功しており、脳動脈瘤の破裂という大きな不安から解放されていることが何よりであると感じております。

 また進展がありましたらこちらでご報告していきたいと思います。