脳動脈瘤手術体験記

脳動脈瘤手術の体験記。脳動脈瘤手術の名医、手術費用、保険の適用など詳細を記録。

◆脳動脈瘤の発見

 脳動脈瘤は破裂してしまうと
●くも膜下出血
 となり、死亡率が非常いと言われております。
 この脳動脈瘤が破裂する前の状態の事を医学的には
●未破裂脳動脈瘤(みはれつのうどうみゃくりゅう)
 と言うそうです。
 未破裂脳動脈瘤は、もし発症しても自覚症状がない為、その発見がなかなかわかりません。
 しかも発生すると薬では治す事が出来ない為
脳動脈瘤の発見(⇒続きを見る)

◆血管造影剤の不安

 未破裂脳動脈瘤を発見後、医師から手術を行うかどうかの説明を受けました。
 もし手術を行う場合は
●コイル塞栓術
●開頭クリッピング術
 の2つの手術方法があるとの事でした。
 ただしコイル塞栓術は診察を受けた病院では行う事が出来ない為、この時は開頭クリッピング術を検討する事になりました。
 開頭という言葉の通り、頭を切開して行う手術ですから大きな不安がつきまといます。
 しかし実は一番不安だったのは
血管造影剤の不安について(⇒続きを見る)

◆未破裂脳動脈瘤の再発から名医の情報探し

 開頭クリッピング術による手術は無事に成功しました。
 母は髪の毛がなくなり頭部に大きな傷跡が残りましたがこれで、くも膜下出血が発生する不安はなくなりました。
 しかし、手術から3年後、なんと未破裂脳動脈瘤が新たに2つ発見されたのです。
 サイズは2つとも5ミリ程度。
 頭部の両脇に未破裂脳動脈瘤が発生するという手術をするにしても少し大変な状況になっていました。
 開頭クリッピング術の後は、時々頭痛を訴えていた事もあり、今回もし手術をする場合は
未破裂脳動脈瘤の再発から名医の情報探し(⇒続きを見る)